ゴロスカ

狂人に相応しい終わりを迎えるまでの記録

広汎性発達障害

凹凸障害についての雑文1

自分はお喋りだ。子供の頃からとにかくお喋りだった。今でも変わらない。でも自分の本当の気持ち、思い、考えを相手に伝えることはとにかく苦手だった。それも今でも変わらない。幼稚園から小学3年まで学校に友達が一人もいなかった。それは別によくある話。…

広汎性発達障害

数か月前だったか地元のメンタルクリニックで広汎性発達障害の可能性が高いと精神科医と精神保健福祉士の双方に言われて、今までの診断で一番納得出来た以上にいまさらわかってももう遅いとしか思えなかった。まだその頃母は生きていたがそのことを話す状況…